top of page

6/1(土)開催【100人レッドHYOGO~Primary+α】


Namaste

2005年より芦屋でヨガを教えている

ガネーシャヨガ芦屋のminaです。


今日は、6月1日(土)に開催される

アシュタンガヨガのイベント

【100人レッドHYOGO~Primary+α】

について以下の順序でお話ししていきたいと思います。


①    100人レッドの歴史

②    3人の講師の方々との出会い

③    私のレッドクラスとの出会い

④    100人レッドへの思い


①    100人レッドの歴史

歴史という大げさですが、歴史となるぐらい続けていければという願いも込めて…

第1回目の100人レッドは、2019年コロナ前の年に開催されました。

私もお誘いを受けていて、講師としてカウントをする予定だったのですが、開催が決定してからインド・マイソールのシャラがオープンすると告知がありました。

確か、10月から1月ぐらいまでだったと思います。

2018年からマイソールに通い始め、続けて渡印する予定にしていたので

皆さんにもお伝えして、とりあえずレジストしました。

その頃は、早い者勝ちのレジストだったので、日本時間の朝3時半、インド時間の深夜12時に、一斉にシャラのサイトにアクセスして申込するという難関レジストでした。

なぜなら、世界中のアシュタンギが、一斉にサイトにアクセスするので、サイトがパンクしてつながらなくなってしまうからです。

なので、レジストのフォームすら送信できないことが多々あり、いかに早く、運よく送信できるか ということにレジストの命運がかかっていたからです。

レジストの日は、私は船の上でヨガをする仕事だったので、ネットの繋がらない環境に居たため、ハイテクの甥っ子にアルバイトしてもらい、レジストしました。

私がしてたらアウトだったかもしれませんが、甥っ子のおかげで見事レジストが通り、

他の講師の方々にも、マイソールと100人レッドならマイソールに行くことの方が優先でしょうと、マイソールに対する思いは、非常に熱いアシュタンギたちに後押しされ、残念ながら100人レッドには参加せず、マイソールでの練習を謳歌させていただきました。


②    3人の講師の方々との出会い

2019年の100人レッドから参加しているのは、清水誠也さんと西川和美さんのお二人です。


アシュタンガヨガ神戸主催の誠也さんとは、2015年イギリスから帰国後、以前クラスを持っていた神戸のスタジオから声がかかり、そのヨガスタジオでクラスを持つことになった時に出会いました。

誠也さんは、そのスタジオでマイソールクラスを始めていて、私も数カ月、誠也さんのクラスで練習させて頂いだいたこともあります。

また、2018年に初めてマイソールに行った時も、インド到着後、予約していた部屋が空くまで2泊ほど誠也さん一家のお部屋に泊めて頂きました。

マイソールでは、大先輩だった誠也さんには、初マイソールで色々お世話になりました。

さらに、マイソール滞在中に1人目のお子さんの1歳のお誕生日会があり、それにも参加したのも、いい思い出です。もう、あの時の赤ちゃんが小学生になり、誠也さんも3人のパパになっているのが感慨深いです。


明石のアーユルの和美さんとは、私の2018年初マイソールで、誠也さんのお部屋で日本人の集まりがあったときに出会いました。

和美さんもマイソールには、何回も訪れている大先輩で、滞在中、美味しいインド料理に連れて行って頂いたり、日本人の集まりに呼んで頂いたり、インド料理の手食?の方法を伝授して頂いたり、などなど、沢山お世話になりました。

インド帰国後も明石のスタジオに練習に行ったり、芦屋の私のスタジオで一緒に練習したり…イタリアのアシュタンガヨガリトリートにも一緒に旅行する程深ーい仲になりました。


マイソール宝塚のミーコちゃんとは、多分2016‐17年辺りに、私が大阪のアシュタンガヨガのスタジオに通っていた時に出会ったと思います。

練習生の1人って感じで、特に親しくしていたわけではなかったですが、とても明るくてキラキラしていて、笑顔が素敵なチャーミングな人という印象でした。

より仲良くなったのは、宮崎で開催されたアシュタンガヨガのイベントに参加したメンバーでたまにランチ会をするようになってからだと思います。

そして2022年と2024年のマイソールで一緒に練習をしてから、より親しくなりました。

いつも小さな娘ちゃんと一緒にマイソールに来て、親子で練習する姿は、とても微笑ましく、二人を見ていると、心がほんわかして、癒されます。また、小さな娘ちゃんも頑張ってるから、私も頑張るぞって気にさせてくれました。


3人の講師の皆さんとは、アシュタンガヨガを練習していたからこそ出会うことが出来ました。

アシュタンガヨガを練習していると、このような素敵な出会いが沢山あります。

今回の100人レッドでも、皆さんにも素敵な出会いが沢山あると思います。

是非、参加してアシュタンガヨガの練習生との出会いを楽しんで頂けたらと思います。


③    私とレッドクラスの出会い

私の生徒さんのなかには、レッドクラスは怖い、しんどそう、まだ無理…と避けている人が多数いました。

しかし、このイベントに参加することを表明した生徒さんたちは、レッドクラスに進んで参加して、今まで一人で出来なかったヘッドスタンドを倒れるのも恐れず自分で練習したり、苦手だったチャクラアーサナを飛ばさず練習したり…果敢に苦手だったことにチャレンジする前向きな姿勢が見られて、100人レッド当日が楽しみです。

そんな、レッドクラスを私が初めて体験したのは、なんと初めてアシュタンガヨガを体験した日です。

私は、アシュタンガヨガが何かも知らずに、アシュタンガヨガのレジェンドと言われているケンハラクマ先生のアシュタンガヨガフルプライマリーレッドクラスに参加してしまったのです。

確か2006年ぐらいだったと思います。

ケン先生が、参加者に、アシュタンガヨガの初めての人?って聞かれたときに手を挙げたのは、私一人だったような気がします。

間違えて参加してしまったのです。しかし、一応ヨガは、少し練習していたので、なんとか見様見真似でやり過ごしたはずです。

でも実際、スプタクールマアーサナみたいなポーズをどうやり過ごしたのか、スキップしたのかは記憶になく、終わった後に、なんてクレイジーなヨガなんだ!!と衝撃を受けたのを覚えています。

それは、良い衝撃で、その後、ご存じの通り、今の今までアシュタンガヨガを練習しているわけです。

確かに、フルプライマリーレッドをやった後、1週間以上身体のあちこちが痛くて、初めて整骨院の門をたたいたのは、その後でした。


➃100人レッドへの思い

2019年自ら不参加を表明したわけですが、5年ぶり、初めて100人レッドに参加することが出来てとてもうれしいです。

去年の10月、宮崎で開催されたアシュタンガヨガのイベントで誠也さんからお誘いを受けて約半年が経ちます。それ以来、4人で少しづつ準備を進めてきました。

和美さんとミーコちゃんの二人とは、インド・マイソールで2月に一緒に練習することが出来ました。

滞在中、イベントのロゴを考えたり、オリジナルタオルを注文したり、インスタライブをしました。

帰国後もミーティングを重ね、本番まで後2週間です。

100人レッドですが、正直まだ100人に達していないです。

何が何でも100人と言いう数字にこだわってはいません。でも少しでも多くのアシュタンガヨガの練習生に

大勢でレッドクラスを 私がインドで経験した400人レッドクラスに近い感覚を

初心者から経験者まで 年齢・性別・国籍…すべてを超えて

エネルギーを一つにして練習することの素晴らしさを、身を持って経験して欲しい。

それは、言葉では表現できない、爽快感・達成感・解放感、自分への自信・信頼へと繋がっていくからです。


長文、読んでいただきありがとうございます。

まだまだ100人レッド参加者募集中です。

お申込みお待ちしています。

閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page